So-net無料ブログ作成
検索選択

[静かすぎる対策]EV/HVに音を付けてみました(レスポンス)

走行音が静かすぎて歩行者が接近に気がつかない。こうした指摘を受け、EV(電気自動車)やHV(ハイブリッド自動車)に、わざと音を付けた「静音性対策」車両の実車走行調査と体験会が10日午後、都内の自動車学校で開催された。報道陣や一般に公開された。

先に国土交通省自動車交通局がまとめた「ガイドライン」にそって、トヨタ、日産三菱の3メーカーが対策車両を準備。一般道に見立てた自動車学校のコースで、実車走行を実施した。

用意された車両は、HVではトヨタ『プリウス』、EVでは三菱『i-MiEV』、日産の試作車の3台。自動車学校で使われているガソリンエンジンの教習車両も比較のため用意された。

静音性対策車両が音を出すのは、走行速度10km/h程度の低速の場合だ。調査では対策車両の単独走行のほか、停止、発進をした場合、ガソリン車に続いて走った場合など、様々な走行パターンをテストした。目の不自由な人も走行音を体験した。

《レスポンス 中島みなみ》

【関連記事】
ハイブリッド向け“疑似エンジン音”装置 発売
日産 リーフ、ハワイを先行販売エリアに指定
トヨタ プリウス …エコカー補助金対象は6月末までに
国土交通省 特別編集
電気自動車 EV、PHV 特別編集

酒飲み自転車でひき逃げ、会社員を書類送検(読売新聞)
前PHP研社長を擁立=みんな(時事通信)
児童虐待厳罰化訴え 母たちが5日に神戸で署名活動(産経新聞)
iPS特許、米社にライセンス=海外は初、京大の知財管理会社(時事通信)
名護市長「政府との協議には応じず」(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。